消火剤について

泡消火剤

泡消火薬剤には、たん白泡、合成界面活性剤泡、水成膜泡があります。

泡消火設備は消火用の水に泡消火薬剤を混合させ、泡放出口から放出する際に空気を吸い込み、泡を形成し、燃焼している面を覆うことにより、泡による窒息効果と泡を構成している水による冷却効果によって消火する設備です。
泡消火設備の泡放出口には色々な種類がありますが、一般的に見ることができるのは「フォームヘッド」というもので、デパート等の駐車場で目にすることができます。
泡消火設備は、駐車場の他、自動車修理工場やヘリポートなど、水による消火方法では効果が少ないか又はかえって火災を拡大するおそれのある場所に設置される設備です。

泡消火設備の構成は、

  • 水源
  • 加圧送水装置(消火ポンプ)
  • 泡消火薬剤貯蔵槽
  • 混合器
  • 自動警報装置(流水検知装置、表示装置、警報装置等)
  • 泡放出口(フォームヘッド)
  • 感知ヘッド(閉鎖型スプリンクラーヘッド)
  • 配管・弁類及び非常電源
等から構成されています。

特定非営利活動法人 消防環境ネットワーク
事務局
〒105-0003
東京都港区西新橋2-18-2 NKKビル(4F)
TEL:03-5404-2180 FAX:03-5404-7372
Email:info@sknetwork.or.jp 
URL:http://www.sknetwork.or.jp/
大阪事務所
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-2-22 麻綱ビル
TEL:06-6245-0179 FAX:06-6245-6094