消火剤について

ガス消火剤 不活性ガス/ハロゲン化物

不活性ガス
ハロゲン化学
ハロン

不活性ガス消火設備の消火剤は4種類あり、防護区画内に消火剤を放出し、酸素濃度を下げて消火する設備です。

不活性ガス消火設備は、電気室や美術館、精密機械、電気通信機室等に設置されるもので、消火剤による汚損が少なく、復旧を早急にすることが必要な施設に設置されるものです。
不活性ガス消火設備の構成は、消火剤貯蔵容器、起動用ガス容器、閉止弁(二酸化炭素消火設備の場合に設置)、配管、噴射ヘッド、操作箱、感知器、放出表示灯、制御盤、音響警報装置及び蓄電池設備等から構成されています。

2001年に、オゾン層破壊係数が「0」のハロン代替消火剤として酸素濃度を希釈させ消火する、人に対する安全性に優れた3種類の消火剤、窒素(IG-100)、IG-541、IG-55が追加されました。

消火剤の種類
名称 化学式
二酸化炭素 CO2(CO2:100%)
窒素 N2(N2:100%)
IG-541 N2+Ar+CO2(52%+48%+8%)
IG-55 N2+Ar(50%+50%)
特定非営利活動法人 消防環境ネットワーク
事務局
〒105-0003
東京都港区西新橋2-18-2 NKKビル(4F)
TEL:03-5404-2180 FAX:03-5404-7372
Email:info@sknetwork.or.jp 
URL:http://www.sknetwork.or.jp/
大阪事務所
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-2-22 麻綱ビル
TEL:06-6245-0179 FAX:06-6245-6094