Q&A

ハロン回収の疑問に答えます

Q1
ハロンとフロンの違いを教えてください。
A1

広い範囲から見ればハロンもフロンの仲間に含まれるでしょう。しかし、消火能力の素晴らしさや汚損の少ないクリーンな物性から、優秀な消火剤として世界的に使われてきました。この消火剤として使用する場合の国際的な呼称が「ハロン」です。
ハロンは消火剤が主用途ということです。一方、フロンはエアコンや冷蔵庫の冷媒、断熱材等の発泡用ガス(フォーム)、精密機器の洗浄剤、スプレーの圧力源などに多く使われてきました。
オゾン層を保護するためのモントリオール議定書の規制物質として下記のように挙げられています。

モントリオール議定書に規定されている規制物質

  1. CFC(特定フロン)
  2. その他のCFC
  3. ハロン
  4. 四塩化炭素
  1. 1.1.1-トリクロロエタン
  2. HCFC
  3. HBFC(代替ハロン)
  4. 臭化メチル
Q2
ハロン1301は消防法令に規定されていますが、現在は生産されていないと聞いています。使用できるのでしょうか?
A2

モントリオール議定書でハロンの生産は規制されましたが、必要不可欠分野への使用(クリティカルユース)については規制が除外されています。日本でのクリティカルユースは、2000年に政府がUNEPに提出した「国家ハロンマネジメント戦略」に明示されています。これを受けて、消防庁通知「ハロン消火剤を用いるハロゲン化物消火設備・機器の使用抑制等について(平成13年 消防予第155号・消防危第61号)」【平成26年11月13日 消防予第466号・消防危第261号 にて一部改正】に、クリティカルユースの判断方法が示されています。
人命安全等の観点から必要な用途には、ハロンの新規設置ができます。また、既設容器への充てんもクリティカルユースとなります。
なお、ハロン1301は、新規に生産できない貴重な消火剤なので、回収されたものをリサイクル活用しています。
ハロンの使用については、総務省消防庁ホームページの「よくある質問とその答え」に掲載されていますので、参照ください。

Q3
ハロン1301の将来の供給見通しを顧客に聞かれています。なにか資料はありますか?
A3

平成26年度に開催した「ハロン消火剤の将来展望に関する検討会」において、ハロン消火剤の将来予測を行いました。結果、「現在よりおよそ70 ~ 100 年間は十分に供給できると考えられる。」との結論を得ています。概要をまとめたリーフレットがありますので活用ください。

Q4
不要になったハロンはどうしたら良いでしょうか?
A4

ハロン1301は再利用します、それ以外のハロン(1211,2402)は破壊します。

Q5
工場の模様替えで、使用しなくなったハロン容器があります。そのまま置いておいてもよいでしょうか、撤去した方がよいでしょうか?
A5

容器が古くなって劣化するとハロン消火剤が漏洩するおそれがあります。使用する予定がなければ、撤去されることをお奨めします。

Q6
ハロン消火設備の回収はどこに頼んだら良いでしょうか?
A6

原則的に設置した業者(防災メーカ)が回収します。

Q7
設置した業者が分かりません。
A7

設置されている住所、建物の名称、出来ましたらボンベの本数を教えていただければ、当ネットワークのデータベースで特定出来ます。
データベースに登録されていなければ、ホームページ内の『不要となったガス系消火剤の回収にご協力下さい』の手順で業者、連絡先を知る事が出来ます。(ご希望でしたら、Faxいたします。)

Q8
回収の金額は幾らくらい掛かりますか?
A8

各業者によって異なりますが、撤去費、運搬費、ボンベ等の処理費の実費が掛かります。業者にお問い合せ下さい。又、破壊の場合は、破壊業者をご紹介しますので、お問い合せください。

Q9
回収の手続きはどのようにしたらいいのでしょうか?
A9

回収する業者が行います。『データベース報告書(回収)』を提出していただきますと、ハロン管理委員会より、所轄の消防本部に報告いたします。(無料)
ご要望があれば『ハロン容器等の回収済報告書』を有料で発行いたします。

Q10
ハロン消火器を廃棄したいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A10

ハロン1301消火器は廃消火器リサイクルシステムで回収しています。消火器リサイクル窓口を消火器リサイクル推進センターのホームページから検索するか、コールセンター(03-5829-6773)へお問い合せください。
その他のハロン消火器については、消火器の銘板(ラベル)に書かれているメーカーにお問い合せください。

Q11
ハロン容器を廃棄する場合にマニフェストは必要でしょうか?
A11

ハロン容器は、廃棄物処理法においてマニフェスト(産業廃棄物管理票)の発行が義務付けられている産業廃棄物ではありませんので、マニフェストは必要ありません。
なお、高圧ガス保安法第56条第5項に「容器又は附属品の廃棄をする者は、くず化し、その他容器又は附属品として使用することができないように処分しなければならない。」と規定されており、容器を二つに切断する等の措置が必要になりますので、設置した業者(防災メーカ)にご相談ください。

Q12
ハロンの注意書きシールに「ハロンバンク推進協議会」と書かれているので、顧客から「消防環境ネットワーク」と書かれたシールに貼りかえるよう言われています。
A12

申請様式3-2を提出していただければ、新しいシールを無償で提供いたします。

Q13
HFC-23の登録申請をしたのですが、『証明書』は発行していただけますか?
A13

ご要望があれば『ガス系消火剤(ハロンを除く)登録済通知書』を有料で発行いたします。

Q14
平成10年頃に設置したHFC-227eaを撤去することになりました。どのような届出をすればよいでしょうか?
A14

ハロンを除くガス系消火剤の登録制度が始まる(平成18年)以前に設置された設備ですので、申請様式4-1による届出をお願いします。

Q15
火災でハロン1301を放出した場合は、補充ができますか?
A15

補充はできます。A2を参照ください。

Q16
ハロン1301を補充する場合は、どのような手続きが必要ですか?
A16

申請様式3-5「設置ガス・補充ガス供給申請書」3部と申請様式3-4「放出後処置報告書」1部に、所定の申請手数料を添えて、消防環境ネットワークまで提出してください。その他詳細は、「ハロンの供給を受けるときは」のページを参照ください。

Q17
新たにハロン1301が設置できる用途を教えてください。
A17

消防庁通知「ハロン消火剤を用いるハロゲン化物消火設備・機器の使用抑制等について」の一部改正について(平成26年11月13日 消防予第466号・消防危第261号)」に、人命安全等の観点からハロンの設置を必要とする用途(クリティカルユース)の判断方法及び用途例が示されていますので、参照ください。

Q18
ハロン1301を新たに設置する場合の手続きについて教えてください。
A18

供給の確認を必要とする日の40日前までに、申請様式3-5「設置ガス・補充ガス供給申請書」3部に所定の申請手数料を添えて、消防環境ネットワークまで提出してください。その他詳細は、「ハロンの供給を受けるときは」のページを参照ください。

特定非営利活動法人 消防環境ネットワーク
事務局
〒105-0003
東京都港区西新橋2-18-2 NKKビル(4F)
TEL:03-5404-2180 FAX:03-5404-7372
Email:info@sknetwork.or.jp 
URL:http://www.sknetwork.or.jp/
大阪事務所
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-2-22 麻綱ビル
TEL:06-6245-0179 FAX:06-6245-6094